なぜ水泳の競技種目が「クロール」ではなく「自由形」なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クロール

水泳で行われる泳法にはクロール、平泳ぎ、バタフライ、背泳ぎがありますが
競技名で「クロール」という物がなく「自由形」と呼ばれています。
なぜクロールではないのでしょうか?

なぜクロールではなく「自由形」?

水泳

泳法は自由だが、現時点で最速はクロール。

自由形とは、文字通りの「泳法が自由」な競技なので、平泳ぎやバタフライでも泳いでOKです。
ですが、水泳の泳法の中で最も速いのは現時点では「クロール」です。なので、速さを競う水泳競技では「自由形=クロール」となっているのです。

最初は存在しなかった

水泳

オリンピック当初は自由形しかなかった。

実はオリンピック当初の水泳は、あらゆる泳法の中で最速を決める「自由形」しかありませんでした。
また、当時の主流も今と変わらず「クロール」でした。

しかし、1900年のパリ大会では「背泳ぎ」、1904年のセントルイス大会からは「平泳ぎ」
1956年のメルボルン大会からは「バタフライ」が加わりました。

1人4役個人メドレー

水泳

バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、自由形の順で泳ぐ競技。

個人メドレーは他種目と比べると、最も過酷な競技で、
400mの個人メドレーは、特に辛いとされています。

それもそのはず、過酷な理由は全種目をマスターしなくてはいけない事や泳ぐ距離が長い。
そのため、競技人口も少なく、場合によっては、タイム決勝にもなるようです。
※タイム決勝:タイムの比較で順位を決めること。


ちなみに、水泳でもリレー方式で最後の人を「アンカー」と呼びますが、その由来は何か知っていますか?
・リレーの最後をなぜアンカーと呼ぶ?その由来とは

--

以上、なぜ水泳の競技種目が「クロール」ではなく「自由形」なのか?でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*