なぜバイクのことを「単車」と呼ぶ?由来は「複」から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

父「お父さんも昔は単車を乗り回していたんだぞ。」

子「え?車?」

近頃の子供は「単車」という言葉を知らないのか。
しかし、そういえばなぜ「単」なのか?

単があれば複もある

サイドカー

元々、日本ではバイクはサイドカーが普通でした。

移動手段、荷物の運搬手段として戦後にサイドカーが大活躍。
GHQが自動車の生産を規制していたことから、
規制のなく、そして安いサイドカーが多く作られました。

で、その流れから荷台のない「車のみ」の徐々に普及。
そのバイクのことを「単車」と呼ぶようになったものです。

後に自動車が主流になり、サイドカーの役割は終わり、趣味として残ります。
実用的な乗り物として重宝されていたのは、なんとも意外に思えるものです。

なぜ「オートバイ」に?

1923年に発売された月刊誌「オートバイ」が由来。

本来は「オートバイク(autobike)」なのですが、
その雑誌で「オートバイ」の名前が広まり、以後日本では「オートバイ」となった。
「バイ」は「bicycle(自転車)」の略でもあります。

「バイク(bike)」は日本ではオートバイと同じ意味になっています。
英語では主に「自転車(bicycle)」の意味になるので注意。

モーターサイクルは?

これはただの別名です。

英語圏では使い分けはあると思いますが、日本では同じ意味。
モーター(動力)サイクル(自転車)です。

日本では「オートバイ」は一般的なので、
基本はこれを使うようにしましょう。

小ネタとして、自転車にスピード違反はあるのか?も知っておこう。

--

以上、なぜバイクのことを「単車」と呼ぶ?由来は「複」からでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*