「彼女に振られた」の「振る」は、「振袖」の袖を振ることから?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/5/28 2021/1/2 語源・由来

振袖巣姿の若い女性

「彼女に振られた」というときの「振る」という言葉は、一体どこから来ているのでしょうか?

「振る」は女性が男性へ自分の気持ちを伝えるとき、振袖を振ったことから

昔は、女性が意中の男性へ自分の気持ちを伝えるとき、振袖(ふりそで)のたもとを左右に振るというしぐさで伝えました。

一方、つきまとわないで欲しいと思ったときには、袖を前後に振って伝えました。

これが、現在の恋愛で使われる、「振る」「振られる」という言い回しの由来です。

ちなみに、既婚女性は、もう男性を選ぶ必要がないということで、「留め袖(とめそで)」を着るようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*