「天地無用」は、「上下どちらでもいい」という意味? それともダメ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「天地無用」は、上下どちらでもいい?

「天地無用」の意味が上下どちらでも良いのか、そうでないかの鍵を握るのは、天地のあとにある「無用」という言葉です。
この言葉は、一体どのような意味をもっているのでしょうか?

「無用」という言葉は、「問答無用」「他言無用」などにも使われている、強い禁止、制止(せいし)を表わす言葉です。
「逆さまにするな」「壊れやすい物が入っている」というメッセージなのです。

しかしながら、文化庁「国語に関する世論調査」によれば、調査対象の約3割が、その意味を「上下を気にしなくても良い」と答えているといいます。

また、『日本国語大辞典』には、「天地する」という言葉が載っています。
意味は、「上下をひっくり返すこと」。
ここからも分かるように、天地無用とは、「天地するな!」つまり「上下をひっくり返してはダメ!」という意味なのです。

おわりに

「天地無用ニャン! 絶対に天地無用ニャン! よろしく頼むニャン!」


写真はこちらからお借りしました。

今日は、「天地無用」は「上下どちらでもいい」という意味か、それともダメなのかという話を書いてみましたが、いかがでしたか?

前回取り上げた「雨模様」もそうでしたが、意味を勘違いやすい言葉って、探せばまだありそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*