○○銀座商店街の由来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戸越、谷中、砂町といった東京都内を始めとし、徳島や千葉、伊豆に至るまで全国津々浦々。これらに共通している項目は、銀座商店街と名の付く商店街があることです。

なぜ全国的に銀座商店街の名が普及しているのでしょうか。

○○銀座商店街の発祥

発祥は全長1.3km、店舗数役400店が軒を連ねる日本最大の商店街である「戸越銀座商店街」が始まりです。

1923年の東京大震災で痛烈な打撃を受けた都内。崩壊した銀座のガレキを埋め立てて作られた商店街が戸越の商店街なのです。このことからこの商店街には銀座という名が含まれて命名されました。

全国内で多々ある銀座商店街は、実際に銀座のガレキが使用されているわけではなく、日本最大の商店街にまで発展した戸越銀座商店街の繁栄の縁起を担いで命名されているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*