犬の鳴き声は「ワンワン」ではなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動物の鳴き声を文字に起こすと、その言葉は国によって大きく変わります。の鳴き声といえば日本ではもちろん「ワンワン」ですが、英語圏では「バウワウ」と表記されます。しかし日本国内でも、犬の鳴き声というのは変化してきたのです。

犬の鳴き声の歴史

平安時代に書かれた『大鏡』という書物の中に、犬の鳴き声を表す表記が残されており、それによると平安時代では犬の鳴き声は「ひよひよ」とされてきました。平安時代には濁点を表現する文字がなかったとされ、時代が進み濁点を表現する文字が誕生すると、「ひよひよ」という表現も「びょうびょう」という表現に変化します。

そして江戸時代に入る頃になると、ようやく現代と同じ「ワンワン」という表現に変化したのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*