ウズラの卵の模様は毎回同じ柄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウズラは日本発祥の鳥類で、とても小さなを産みます。その卵はニワトリの卵と同様に調理されて食されますが、ニワトリの卵との違いは大きさだけではありません。ウズラの卵の表面には、茶色いシミのような模様があります。

ウズラの卵の模様

ウズラの卵に模様がつく理由は、外敵から卵が攻撃されないためのカモフラージュ効果とされます。この模様は卵の殻が形成される際に同時につけられるのではありません。産卵開始の約3時間前から色素の分泌が始まり、子宮壁の伸縮と卵の回転によって表面に模様が描かれる仕組みになっています。

器官によって決まった動きで分泌が行われるため、一見するとランダムに見える模様のパターンは、その個体によって毎回同じ模様が描かれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*