セミや蚊も熱中症になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になると姿を見せる昆虫は沢山いますが、泣き声がうるさいセミや、夏の天敵ともいえるがその代表格です。これらの昆虫は暑さが大好きというわけではないようで、あまりにも暑い日になると活動を停止することが分かっています。

昆虫と熱中症

その日の気温によって、最高気温が35℃以上の日を猛暑日、30℃以上の日を真夏日と呼びます。

蚊は25~30℃で最も活発になりますが、35℃を超えると葉の裏などに身を潜めて活動を停止します。しかし夕方など気温が低下して涼しくなると活動を再開するのです。

セミも同じく暑さに強いわけではありません。猛暑日には暑さで熱中症のような状態になり、寿命を迎える前に死んでしまうケースがあると報告されています。

また、昼間の明るさを感じとって活動するセミは、都心部などの夜も明るい地域においては、その明るさのせいで昼間と勘違いをし、夜にミンミンと鳴くセミもいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*