生活の雑学

セーラー服は海軍の制服?なぜ女学生の制服になったのか

セーラー服といえば女子中高生の制服としてのイメージが強いですが、実は海軍の制服が元となっているのです。

今回の雑学では、聞けば納得のセーラー服の機能性と、なぜ女学生用に着られるようになったのかをご紹介します。

セーラー服の始まり

セーラーとは日本語で「水兵」を意味します。その名の通り発祥はイギリスの海軍でした。セーラー服の襟が後ろに異常に長いのにも意味があります。これは海上では風音などによって周囲の音を聞き取りづらいため、襟を立たせることによって集音性を上げる効果が得られるのです。

セーラー服の全部はV字型に大きく開いた形のものが多いですが、これも海に落ちた時など、服を簡単に脱げるようにしているのです。さらにセーラー服にはスカーフが付き物ですが、このスカーフもいざという時は手ぬぐいとして活用できるのです。

後にセーラー服は海軍の幼年学校の制服にも指定されたことから、子どもにセーラー服を着せると可愛いと評判になり、貴族の子どもにセーラー服を着せるようになり、それが一般大衆へと広まっていったとされます。

日本への伝来

日本で初めて学校制服としてセーラー服を採用したのは、1921年の福岡女学院が最初でした。

その後、徐々に日本中にセーラー服が広まっていきます。当時の男子学生の制服は立襟で5つボタンの陸軍の軍服をモデルとした制服を採用していました。それでは女学生には海軍の制服を、といった背景もあったようです。

現在では日本の中学校では50%、高校では20%ほどの学校がセーラー服を採用しています。これから先もセーラー服が完全に廃れることはないでしょう。

なぜ食パンだけに「食」という字がついているのか

パンは全部食べられるものであり、食パンだけに「食」の字をつけるのはおかしくないですか?

今回の雑学では、なぜ食パンだけがこんな名前になったのか、その由来をご紹介します。

食べるパンだと知らせる必要があった

実は食パンというネーミングになったのには諸説あります。非常に多くの説があります。

  • デッサンの際に消しゴムの代わりにパンを使うため、これは食べるようのパンであるとして「食パン」となった説
  • 菓子パンと比べて、食事用のパンであることから「食パン」となった説
  • フライパンなどのパンと混合しないように「食パン」となった説

いずれにしても他のパンとの差別化のために名付けられたのは間違いないようです。

ちなみに

食パンの外側の茶色い部分を「耳」といいますが、この正式名称は「外皮(がいひ)」といいます。また、中身の白い方は「内相(ないそう)」といいます。

食パンの袋についているコの字型の留め具の正式名称は、別の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください。

伯方の塩がメキシコ産なのに国産品な理由

「は・か・た・の、塩!」のテレビCMでおなじみの伯方の塩ですが、実は国内で取れた塩ではありません。しかし製品の原産国は日本になっています。

今回の雑学では、伯方の塩の真相と、なぜ伯方の塩というネーミングなのかをご紹介します。

塩はメキシコ産

まずは結論からお話ししましょう。伯方の塩の塩は、メキシコやオーストラリアから輸入されています。

しかしそれを偽ってあたかも国産品のようにしているわけではありません。それを語るにはまず塩の歴史を紐解く必要があります。

塩の歴史

かつて塩は国による専売制のものでした。販売していたのは日本専売公社。今のタバコを販売しているJT(日本たばこ産業株式会社)の前身となる特殊法人です。無論タバコも専売公社の専売商品でした。

1995年に日本専売公社が解散。1997年には塩の専売制が廃止になり、2002年4月にようやく塩の販売は自由化されたのです。

伯方の塩の歴史

1971年の「塩業近代化臨時措置法」の成立で、塩田での製塩からイオン交換膜製塩法に切り替わりました。化学的に塩の製造がされるということです。

しかし消費者からは自然塩復活の要望が強く、国が輸入している天日塩田塩を原料にした製塩を認めました。それが「伯方の塩」です。

専売法により、日本の海水から直接製塩することが禁止されていました。そのため、日本国内で塩を製造するには専売公社が輸入した、メキシコやオーストラリアの天日塩田塩を使用するしか方法が無かったのです。

伯方の塩のが国産品である理由

伯方の塩はメキシコやオーストラリアで作られた塩を輸入し、日本でかん水(濃い塩水)に戻した後、再び塩に作り直しています。

農林水産省のガイドラインには「その商品の内容について実質的な変更をもたらす行為が行われた国内の地域が原産地となります」とあることから、原産地は日本であるという事が言えるのです。

2002年以降のは塩の製造販売は自由化されましたが、安定した製品が安く製造可能なことなどの理由により、現在でも輸入塩を国内で加工する手法がとられています。

伯方の塩の名前に込められた願い

伯方は愛媛県にある瀬戸内海に浮かぶ島です。「伯方の塩」という商品名は、イオン交換膜製塩法で化学的に塩が作られ始めた時代に、「伯方島の塩田を復活させたい」という願いが込められているのです。

帝王切開の「帝王」って誰のこと?

逆子や骨盤、病気などの様々な理由により、自然分娩が難しいとされる場合に行われる帝王切開ですが、帝王とは誰かの事を指しているのでしょうか。

今回の雑学では、帝王切開の起源についてご紹介します。

帝王切開の起源

現在では様々な理由から自然分娩が難しい場合の対処として帝王切開による 出産が行われます。

しかしその昔は、出産中に母体となる母親が死んでしまった場合、止むを得ず腹部を切開して赤子を取り出したのが始まりです。

古くは紀元前3000年の古代エジプトで既に行われていたとされます。

帝王とは何の事なのか

後にこの出産方法が確立され、ラテン語で「Secitio Caesarea」と名付けられました。

「Caesarea」は「切り刻む」という意味なのですが、ドイツ語に翻訳される際に誤って「Caesar(カエサル/シーザー)」と訳されてしまいました。

シーザーとは、ローマ帝王であるジュリアス・シーザーの事であり、この誤訳がそのまま日本語に訳されるさえも「帝王」として伝わってしまったのです。

グレープフルーツはブドウの仲間?

ミカンを二回りくらい大きくして、酸っぱさをレモンより控えめにしたような果物であるグレープフルーツ。「グレープ」と名の付くからには実はブドウの仲間だったりするのでしょうか。

今回の雑学では、グレープフルーツの名前の由来についてご紹介します。

グレープフルーツの名前の由来

グレープフルーツは柑橘(かんきつ)類に分類されます。ミカンやオレンジ、レモン、ライム、日向夏のように、非常に多くの種類が柑橘類に含まれます。どの柑橘類も皮は厚めでオレンジ色や黄色のようなパッションカラーで、果肉は酸っぱさが強いのが特徴といえるでしょう。

グレープフルーツにも多数の種類が存在し、果肉の色によってルビーやホワイト、ゴールドのように分類がされています。

この時点で柑橘類に分類されないブドウの仲間であるワケではなさそうです。

グレープフルーツの木は最大で15m程にも成長します。この木のいたるところにグレープフルーツは身を付けます。リンゴの様に一つ一つが独立して垂れ下がるのではなく、複数個のグレープフルーツが身を寄せ合うように垂れ下がっています。その姿はまるでブドウの房の様です。

グレープフルーツはブドウの仲間?

そうです、グレープフルーツの「グレープ」は、その身のなり方がブドウの房の様に見えることから名付けられたのです。

ちなみに生産量は中国が2位を大きく引き離して単独トップに君臨しています。その量は年間で361万トン。世界中の生産量の45.7%を中国だけで占めています。

ビーフストロガノフは牛肉を使った料理ではない

ロシアの代表的な料理であるビーフストロガノフですが、レシピ本などで作り方を見てみると、どのレシピにも牛肉が使われています。ビーフと名の付くからには当然の事とは思いますが、実はビーフストロガノフは牛肉料理ではありません。

今回の雑学では、ビーフストロガノフの歴史から本当の意味を紐解いていきます。

ビーフストロガノフの誕生

誕生した由来は諸説ありますが、その中で最も有力な説をご紹介します。

時は18世紀。ロシアの貴族であるアレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ストロガノフのために考案されました。晩年のアレクサンドルは大好物であるビーフステーキが食べられなくなってきました。加齢のせいで歯が抜け落ちてきたからです。そこでシェフはビーフステーキの味わいを残しつつ、肉を柔らかく煮込んだ料理を開発し、その料理を「ビーフストロガノフ」と名づけました。

つまりストロガノフとは人名から付けられている事がわかります。料理名に人名が付けられる事はそう珍しいことではありません。

ではビーフステーキを元に開発されたビーフストロガノフの「ビーフ」が牛肉を意味していないとはどういったことなのでしょうか。

料理名は英語ではなくロシア語

当然の事ながら、料理名はロシア語で命名されました。ロシア語で「бефстроганов」と書きますが、この際にビーフの発音はロシアでは「ベフ」と発音します。

この「ベフ」はロシア語で「~風、~流」を意味しており、つまりは「ストロガノフ風」という料理名であることがわかります。

実際にロシアでは牛肉の代わりに鶏肉や豚肉を使ったビーフストロガノフも数多くみられます。

二枚目はイケメン、三枚目は面白い顔、一枚目は?

ルックスが整っている、いわゆる美形の男子をイケメンと呼びますが、一昔前ではハンサム美男子などとも呼ばれていました。それ以前からある言葉として「二枚目」という呼び名があります。

今回の雑学では、なぜイケメンを二枚目と呼ぶのか。一枚目は何なのか。などをご紹介します。

二枚目はイケメン、三枚目は面白い顔

今で言うところの「イケメン」と同義の意味を持つ「二枚目」という表現は、古くから存在します。現代でも「二枚目俳優」というように、この表現は使われ続けています。

そして三枚目のルックスはというと、これは俗に言う「ひょうきんな顔、面白い顔」をしている人の事を指します。

では一枚目と四枚目以降は存在するのでしょうか。

赤鬼の格好と桃太郎の関係性

といえば縞模様の腰巻きだけをまとい、頭からはツノが生えている想像上の生き物です。しかし鬼といえば誰しもがこの格好を思い浮かべることでしょう。

今回の雑学では、なぜ鬼があんな格好をしているのか。そして童話『桃太郎』との関係性についてご紹介します。

鬼が恐れられるのは

風水や陰陽道では、建物などの位置(方角)で吉凶を決定します。時計のように十二支の干支をグルリと時計回りに配置し、例えば墓石をこの方角に来るように設置すると良い。などという風に用いられます。

元々、鬼は死者の亡霊であると考えられており、その鬼がいる方角が北東であるとされています。この方角を鬼門といい、十二支では丑(うし)と寅(とら)にあたり、丑寅の方角とも言われます。

この事から、鬼は牛のようなツノを生やし、虎の皮の腰巻きをしている姿が描かれたのです。

桃太郎との関係性

童話『桃太郎』では、犬と猿とキジをお供に従えて、鬼退治へと向かいます。一見すると弱そうに思える動物のチョイスですが、これにはしっかりと理由があるのです。

鬼門は災いの方角ですが、その真逆の南西の方角は鬼門を封じ込める方角になります。この方角を裏鬼門といいます。この裏鬼門に位置する十二支が、まさしく戌(犬)と申(猿)と酉(鳥)なのです。

T字路の「T」は、アルファベットの「ティー」ではない

道路が三方向に別れる三叉路の一種で、アルファベットのTに似ていることからT字路と呼ばれていますが、本当はT字路ではありません。

今回の雑学では、間違い探しのようなT字路の正式名称についてご紹介します。

T字路の正式名称

三叉路のうち、道が直角に交わるのがT字路です。T字路という言葉は江戸時代に既に生まれていました。しかし当然ながらアルファベットの「T」を使ってはいません。漢字の「丁(てい)」の字を使い「丁字路(ていじろ)」と呼ばれていました。

現在でも法律上の正式な名称は「丁字路」であり、「T字路」はマスコミによって広く普及してしまった言葉になるのです。

本来「丁」には道を表す意味が含まれています。そのため「町」や「街」などに丁が含まれているのです。町の「田」の部分は、区切られて整理された土地を意味しています。

1メートルはどうやって決められたのか

日本では長さを表す単位としてメートル法が採用されています。当たり前のように1メートル、その1000倍は1キロメートルとしていますが、初めて「1メートルはこの長さである。」と決められたのにはどういう背景があるのでしょうか。

今回の雑学では、メートル法の誕生についてご紹介します。

1メートルが出来るまでは

アメリカなどの欧米諸国では、古くからヤード法やフィート法が用いられてきました。現代でもそれらの国々ではメートルよりもヤードやフィートが用いられています。

ちなみに1ヤードはおよそ0.9メートル。1フィートはおよそ0.3メートルです。

日本でも尺貫法という法則によって長さの単位が決められていました。それらの単位は「寸」や「尺」といったもので、現代でも建築関係で用いられる単位です。

ちなみに1尺はおよそ0.3メートル。1寸はその10分の1です。

1メートルと地球の関係

18世紀末、フランスにて世界中でバラバラに決められている単位を統一するための決議が成されました。この際に、長さの世界規格はメートルであるとされたのです。

では1メートルの長さはどのように決められたのでしょうか。これには地球の大きさが関係していたのです。

地球一周の距離は4万キロとキリがいい数字になっていますが、それもそのはず。1メートルは地球の子午線の長さの4000万分の1であるとされたからです。子午線とは赤道と直角に交わる、両極を結ぶ線のことです。

つまり、地球の長さが1メートルの4000万倍ではなく、地球の長さの4000万分の1が1メートルというワケです。