雑学クイズ

チョンマゲの“チョン”ってなに?

時代劇などでは大人の男性は必ずといっていいほどチョンマゲを結っています。チョンマゲは前頭部から頭頂部にかけて頭髪を剃り、残りの頭髪を結ったヘアスタイルで、兜を被る際に頭部が蒸れるために、皆この髪型にしていたのです。

チョンマゲの意味

チョンマゲは漢字で「丁髷」と書きます。しかしその形から「ゝ髷」とも書かれるようになりました。この「ゝ」は踊り字といわれる文字で、日本語で使われる特殊文字であり、「ゝ」はひらがなを繰り返す時に使われ「一の字点」とも呼ばれます。

当て字でもなんでもなく、チョンマゲの姿形を漢字で表しているのです。

そんなチョンマゲは明治4年の散髪脱刀令(断髪令)が布告されるまで流行したのでした。

レタスがパリパリのフィルムに包まれているのはなぜ?

スーパーマーケットの野菜売り場にいくと、売られている野菜は様々な梱包がされています。全く何にも包まれていない野菜もありますが、ラップやビニールで梱包されている野菜も目立ちます。その中でも異彩を放っているのがレタスです。レタスだけはなぜかパリパリとしたフィルムが巻かれています。

レタスは繊細

このフィルムはポリスチレンというプラスチック樹脂でできています。これに対し、他の多くの野菜で使われているフィルムはポリプロピレンという素材で作られています。ポリスチレンはポリプロピレンに比べて水分や酸素の透過度が極めて高い性質を持っています。

レタスは水分を非常に多く含んだ野菜であり、レタスから発生した水蒸気を効率良く逃す必要があります。もし透過度の低い素材のフィルムを用いた場合、フィルムの内部で結露が発生してしまいます。レタスは水分を多く含んでいますが、水分で傷みやすいのです。しかもこのポリスチレンフィルムは、野菜の天敵でもある乾燥からも守ってくれる優れものなのです。

もちろん他の野菜も同様で、ポリスチレンフィルムで梱包するのが最善ですが、優秀な性質がゆえにコストが高いという欠点があります。そのため、傷みやすいレタス以外には使われていないのが現状です。

「弱冠」って何歳?

何か偉業を達成した人物のニュースや新聞で「弱冠◯◯歳にして」という見出しを目にすることがあります。「若くして」という意味で使われる言葉ですが、何歳から何歳までのことを指しているのでしょうか。

実は弱冠はかなり限定されている

「弱冠」という言葉は古くに中国から伝わったもので、「二十を弱という、冠す」という言葉に由来します。男は20歳になると冠を被って元服式(成人式)を行ったことから、「弱冠」という言葉の本来の意味は「20歳の男性」を指すのです。

しかし徐々に「若くして」という意味で使われだすようになり、言語の専門家からも「20代のうちは弱冠と言ってよい」とされていますし、近年の国語辞典では性別を問わず、10代から30代までの用例が載っていたりします。

動物雑学まとめました

カナリアは犬
カナリアはラテン語で「犬」という意味。

では、なぜ鳥のカナリアは「カナリア(犬)」と呼ばれているのか?

それはカナリア諸島原産の鳥だからである。

続きを読む

面白雑学60選

1.コアラの指紋は人間と似ている。そのため、犯罪捜査の撹乱に利用されることがある。(真ん中がコアラ、左が人間、右がチンパンジー)

2. 51%の人が、天気が悪くなるとクラウドコンピューティング(Gmail、OfficeOnlineなど)に影響を与えると考えている。
2

続きを読む

食べ物クイズ集

コンニャクにある黒いつぶつぶの正体は何?

  • ゴマ
  • 海藻

正解は「海藻」

現在は昔と製法が変わってコンニャクが白くなったのだが、昔のように黒っぽい見た目の方がみんなに好まれるので、あえて海藻などを入れて昔と変わらない見た目にしている。

昔はコンニャクの皮がまじって黒いつぶつぶになっていた。

続きを読む