身近な雑学

刀 無銘 伝行光

重要文化財となっているこの刀。銘が切られていないにも関わらず、長い間、伊達家に襲蔵された品だと伝わっていることもあり、無銘 行光とされている一品です。

刀匠の行光は、時代の色を反映した作品を多く残していると言ってよいでしょう。いうなれば過渡期を示す形状の品が大半です。短刀も刀も一定の型にはまらないと見られるものもあるものの、美しい地景(よみ:ちけい。地金に見られる模様の一種であり、形状は黒光りする線となっている。)を実現するほど素晴らしい鍛錬を感じさせます。また相州上工としての沸を生み出す力も突出しており、新籐五国光の流れを汲みとって、そのうち貞宗や正宗らの登場を感じさせる作風となっています。

こちらの「刀 無銘 伝行光」は、長さがおよそ71.2cm(二尺三寸五分)、反りがおよそ2.4cm(八分)となっています。鎬造、庵棟で、鋒は猪首風にやや詰まっており、表裏には棒樋が掻通している様子が見られます。地鉄は小板目肌がつんでいて、少々流れごころがあるものの、よく沸え地景が現れています。刃文は、沸本位の広直刃調に湾れていて、足や葉が入っており、帽子は湾れ込み先が尖り気味で、返りは浅いことが確認できます。茎は大磨上げで、目釘孔一となっています。

太刀 銘延吉

国宝とされている「太刀 銘延吉」は、大和国(※現在の奈良県)吉野郡龍門に在住していた千手院一派の、いわゆる龍門延吉の作となっています。

同作にはさらに大振りでかつ行書体の銘が存在しますが、この違いは、年代によるものではないかと考えられています。今回ご紹介する太刀のように、比較的小振りのものには肌も詰まり穏やかな刃文のものが見られます。

「太刀 銘延吉」の長さはおよそ73.3cm(二尺四寸二分)で、反りはおよそ2.9cm(九分六厘)です。鎬造、庵棟で、中反高く、踏ん張りがあり、元幅は九分三厘となっています。平肉豊かにつき、刃区が深くて、茎はやや短く反りをうっており、浅い栗尻です。筋違鑢がかかっている、銘は区下に大きく角張った字で「延吉」と二字に切ってあります。

地鉄は小板目肌がよく詰まっていて、地沸厚く、地景が細かによく現れており、鉄味が強めで、鎬よりに沸映りが見られます。刃文は小沸深く、小乱に足よく入り、葉を交えていて、上半焼幅がやや広く、帽子は表が小丸ごころに浅く反り、裏は掃掛けて焼掛けて焼詰めとなっています。

短刀 無銘 伝 正宗(名物包丁正宗)

包丁正宗は名物としても現状、三口が存在しています。
他の二口の名物 包丁正宗は、と尾張徳川黎明会と細川家に現存しています。
そして今回ご紹介するのは日向内藤家に伝来してきた一口であり、三口の中では最も知られた存在で保存状態も良く、国宝にも指定されています。

長さはおよそ21.5cm(七寸一分余)、反りはおよそ0.3cm)です。平造で丸棟、鍬形を彫り、護摩箸を透彫にしているほか、重ねは非常に薄くなっており、特殊な形状であるといえるでしょう。

地鉄は小板目肌に、地沸が厚くついていて、地景が現れています。刃文は大乱で、表中ほどに雲形の乱れが交じっており、刃中はよく沸え、金筋や刃縁の打ちのけ(よみ:うちのけ)が目立ち、帽子は表尖り気味で裏小丸風、いずれも返りが浅く、わずかに堅くなっています。生ぶ茎で目釘孔一、先の剣形が強く本来の無銘であると言えるでしょう。

この時代の短刀としては形状が特殊であることから、通常の短刀とは異なる目的で使うために特注し作られたものではないかとの見方もあります。
ですが規格外であるとはいえ、地鉄や沸をはじめ流石は正宗といえる出来口でしょう。地景は大胆で、沸は力強く、刃文の出来も一般の刀工ではたどり着くのが難しい境地の仕上がりです。

太刀 銘國宗について

国宝となっているこの「太刀 銘國宗(国宗)」は、1927年(昭和2年)に島津忠重氏により鹿児島にある照国神社へ奉納された一品でした。ですが戦後に進駐軍により行われた「刀狩り」によって紛失してしまいます。それ以来アメリカ国内にあるということ以外は所在が不明となっていました。

それをジョージア州・アトランタの古美術商店にて発見し買い取ったのがウォルター・A・コンプトン氏です。彼は数百もの日本刀を所持しており、アメリカの日本刀コレクターとしては知られた存在でした。コンプトン氏が購入後に行った調査の結果、その刀剣が照国神社奉納刀の太刀 銘國宗であることが判明。そして1963年(昭和38)、コンプトン氏が照国神社へこの刀を返還しました。

この刀を作った刀工・国宗は、古くから相州に移住したと伝えられていることから、東海道中の鍛冶とされています。ですが出来口の実際は、助真と同じく備前刀だと言ってよいでしょう。

長さはおよそ81.5cm(二尺六寸八分半)、鎬造で庵棟、堂々とした太刀姿で、少々腰反気味となっています。地鉄は板目肌で、映りけが確認でき、刃文は匂本位の丁子乱、蛙子丁子乱も交じり、その根がきれ玉焼風になったものが物打ち辺りに見られます。帽子は乱込んでおり、反りは浅いです。茎は生ぶながら先を切り詰めてあり、目釘孔二、鑢目は勝手下がっていて、太刀表上方の鎬地に「国宗」と二字の銘が切られています。

脇指 無銘伝貞宗(名物徳善院貞宗)

国宝である「脇指 無銘 伝貞宗(名物徳善院貞宗)」は、織田信忠、織田秀信、太閤豊臣秀吉、五大老の一人である前田玄以、そして徳川家康と伝えられました。さらに駿河分物として紀州徳川家へと譲られたのち、寛文十一年には頼信の次男である頼純が、新家創立の際に、伊予西条藩へと持ち越した品となっています。      

長さはおよそ35.3cm(一尺六分半)、反りはおよそ0.7cm(二分三厘)で、平造り、三ツ棟。そして表には梵字、剣、爪。裏には梵字、護摩箸、爪の彫刻が確認できます。地鉄は、小杢目肌がつみよく沸えて地景多く、そして丸みのある明瞭な湯走りが表上方棟寄りに見られます。刃文は焼幅の広い湾れ乱れに、互の目乱を交えていて、激しく沸崩れているほか、帽子も子丸風で少しばかり先が尖り、一段と沸が多くなっています。生ぶ茎、目釘孔二、本来の無銘です。

この小脇指は、地鉄の鍛には当然、貞宗としての一貫したものを備えているように見受けられます。ですが刃文はこれほど華麗なものはないことから、かつては「新刀ではないか」との説が流布したこともありました。とはいえ現在では、彫刻の鋭角が強く、沸に力があり地中刃中とも整っていて十分な働きを秘めており、形は大きいとはいえ、次代南北朝期の先反小脇指とは異なっていて十分の品格を保つと言った点等から、どこをとっても貞宗だと言えるでしょう。

短刀 銘吉光(名物平野藤四郎)

「短刀 銘吉光(名物平野藤四郎)」は吉光の作の中でも特に優れていると言われることが多い名刀であり、加賀前田家が明治大帝に献上したことでも知られています。

また『享保名物牒』の開巻第一番に掲載されています。『享保名物牒』は、徳川8代将軍である徳川吉宗の命によって編纂された名刀を集めたリストであり、編纂当時には既に失われていたものも含め多数の刀剣を収録しています。

長さはおよそ29.8cm(九寸九分五厘)で、わずかに刃の側に反る形状(内反)となっています。平造、三ツ棟、元幅はおよそ2.8cm(九分三厘)と広めです。先は少し内反になっていて、元重ねは二分五厘とやや厚めです。

棟寄りに刀樋を彫り、区下に掻き流していて、添樋の痕跡がみられます。茎は刃区をよく残しており、栗尻で、浅い勝手下がりの目が存在し、見事な仕立てとなっています。鍛は小板目肌がよくつまっていて、地沸は細やかに厚くついており、地色は明るく爽やかです。刃文は中直刃。やや乱れごごろ少し交じり、足入り、腰部に小互の目が連れています。帽子はわずかに湾れごころを見せて小丸に返り、品格を備えています。刃は全て小沸を主調として明るいと言えるでしょう。

短刀 銘國光について

国宝である「短刀 銘國光(国光)」の作者・國光は、直刃の名人であり、西の栗田口吉光と並ぶ技量があると言われています。

相州上工の中でも、國光の前代にあたる栗田口国綱や助真、國宗やそれらの一統は、全て他国から移住したと伝えられる工人達でした。

ですが國光には明らかに鎌倉在住を銘記した作が存在します。その鍛錬や作域からしても、相州鍛冶の始祖とするのが妥当でしょう。

地景の目立つ肌や、沸が強く美しい刃中、品位を失うことなく、ふくらの線をややかれ気味にして鋭さを表現した姿などは國光独自のものであり、栗田口に伝わる技法を身につけながらも、これをかみ砕いて新風をものにしたと言えるのではないでしょうか。

國光の作の中でもこの短刀は、殊更に傑出した作品の一口であり、名物会津新籐五とともに同作中で双璧の良さを示すものとされています。

長さはおよそ22.4cm(七分四分)で筍反り(内反りの一種)。表に素剣、裏に梵字の彫刻があります。平造りで三ツ棟、地鉄は小杢目肌がつみ、地沸が厚くついていて地景多く梨子地肌。刃文は小沸出来の中直刃で、刃中に金筋が目立ち、よくはたらいています。

帽子は小丸で返りは浅く、元の方より上部にいって沸が強くはたらく趣が見られます。茎は生ぶですが、先をわずかに切り詰めてあり、目釘孔三、うち一つ鉛埋め、表の中ほどに「國光」と二字銘が切られています。

太刀 銘國行について

国俊の父であり、来派の巨匠である国行。国行の作例はかなり存在しています。

中でも重要文化財に指定されているこの刀「太刀 銘國行」のように、広直刃の刃中に刃文の一種である丁子が見られる策が多くなっています。

小沸の深い子丁子、乱直刃に互いの目足が入るもの、刃縁に砂流しのかかるもの等もあります。

「太刀 銘國行」の長さはおよそ69.6cm(二尺二寸七分)で、反りはおよそ2.7cm(九分)です。

鋳造で庵棟、身幅は元一寸九厘先七分と広くなっており、元先の幅差は少なめで、踏ん張りは浅くなっています。重ねはやや厚くて、中反高く、中鋒に整えています。

表裏には樋を茎にも長く掻き流していて、茎は長めかつ丈夫に作られており、茎反は浅くて、鑢目は横鑢になっているほか、先は浅い刃上がりの栗尻です。

地鉄の鍛は小板目がよく詰まっていて、地沸が厚くなっており、佩表には大肌が交じり、乱れ映りが立っています。

刃は浅い湾れごころの広直刃の刃中に、足がやや長くしきりに入っていて、葉が点在し小湧深によく働き、棟焼があり、帽子は直ぐに小丸に浅く返っています。

刀 無銘 伝貞宗(名物亀甲貞宗)について

貞宗には、正宗と同様に正しく銘を切られた刀は現存が確認されていません。現存している刀はどれも大磨上げ(よみ:おおすりあげ)の状態です。

ですが地鉄の鍛錬や沸の力強い美しさは相州上工の必須とされる条件をまさに体現しています。これは先代である正宗との連携を示しているほか、時代も技量も古くから伝えられたとおりだとうなずけるものだといえるでしょう。正宗と比べてすべてのはたらきが穏やかであり、沸の光はやや沈みごころで、わずかに前者が勝っており、地鉄の精緻さにはそれをもしのぐものがあります。

この「刀 無銘 伝貞宗(名物亀甲貞宗)」は、貞宗作の刀の中でも特に優れた一品であり、現在では国宝とされています。得意の二筋樋、地鉄と沸……どの点をついても貞宗ならではという品です。

なお「名物帳」によれば、この刀はかつて最上家の重宝でありました。その後、伊勢菰野藩の土方家、明智光秀、そして南部家、尾張家等を経て、元禄十一年三月には将軍家に献上されたものであるとのこと。

長さはおよそ70.9cm(二尺三寸四分)、反りはおよそ2.4cm(七分九厘)。鎬造で庵棟、表裏には二筋樋が見られます。地鉄は小杢目肌がつんで、地沸が厚く、地景が小模様に現れ、刃文は沸本位で大湾れに小乱が交じっており、刃中には紺筋があります。帽子は湾れ込み、地蔵風です。茎は大磨上げ、目釘孔一、無銘ではありますが、太刀表の下方には亀甲文の毛彫が見られ、これが亀甲貞宗名号の起こりになっています。

太刀 銘助眞(日光助眞)について

助真は備前福岡一文字派の工匠ではありますが、鎌倉へ移住したと伝えられているほか、鎌倉一文字称も存在します。

この「太刀 銘助眞(日光助眞)」は堂々たる猪首鋒(よみ:いくびきっさき)や、完全に保存された肉置き(よみ:ししおき)、見る人の目を引き付ける大丁字乱の刃文。どれも時代の姿を物語る特徴ばかりであり、今では国宝とされているのも納得ではないでしょうか。

長さはおよそ71.2cm(二尺三寸五分)、反りはおよそ2.8cm(九分二厘)となっています。鎬造、庵棟で、擦上げでありながら踏ん張りがあり、完全なる猪首鋒です。

刃頭の辺りには肉が盛り上がるようについていて、表裏に棒樋があり、樋先は小鎬地中に強くのぼっていて、下は茎の中に掻流しています。地鉄は板目肌に大肌を交えており、やや肌立ち地映りが見られます。

刃文は匂本位ながら小沸を交え、大丁子乱、蛙子丁子乱がはなやかに狂って焼幅に広狭が多く、刃中には足や葉が激しく入っていて絢爛無比であるといえるでしょう。帽子は乱れ込み、先の方がわずかに掃け気味で、反りは浅めです。茎は磨き上げられており、目釘孔二、太刀表下方に正ぶ茎を残しているほか、原鑢は切り、そこに「助真」と二字力強い銘が見られます。