未分類

インスタントラーメン誕生のきっかけとなった食べ物は?

インスタントラーメンは日本人の手によって開発されました。開発したのは台湾出身の安藤 百福(あんどう ももふく)。1958年の事でした。インスタントラーメンはある日本の食べ物をヒントに開発されました。

インスタントラーメンの誕生

インスタントラーメンは世界中で年間約850億食もの数が生産されている。一人当たりの年間消費量は意外にも韓国が72食でトップ。日本は45食で5位となっています。

安藤 百福によって開発された世界初のインスタントラーメンは、今なお愛されて止まない「チキンラーメン」です。彼は妻がてんぷらを揚げているのを見た際、衣が泡を立てながら水分をはじき出している様子を見て、瞬間油熱乾燥法を思いつきました。

彼は後にカップラーメンも発明し、現在のラーメン業界を作り上げた立役者なのです。

童謡『メリーさんのひつじ』は実話から作られた曲

『メリーさんのひつじ』は1830年5月24日にアメリカの出版社によって発行されました。この歌の歌詞は、実際に起こった出来事がもとになっているのです。

メリーさんのひつじの歌詞

ある日のこと、羊をペットとして飼っていたメリー・ソーヤーという少女が、羊を学校に連れて行き、大騒ぎになりました。それを見て喜んだジョン・ルールストンという学生が、次の日にこの歌の歌詞の原型となる手紙を渡したことから誕生したとされます。

また『メリーさんのひつじ』は、世界初のレコードへの録音をした曲でもありますが、そのレコードは壊れていて再生することが出来ないとか。

黒板はもともと黒い色をしていた

学校の教室からカフェテリアのメニューボードまで、様々なシーンで黒板は使用されています。「黒板」と言うものの、その表面は緑色の加工がされていますが、なぜ「緑版」ではなく「黒」という字があてられているのでしょうか。

黒板の起源と歴史

黒板の起源はフランスにあるとされています。その後アメリカに渡り、日本へ入ってきました。この時に英語で「Black board(ブラックボード)」という名前だったので、直訳して「黒板」となりました。

1872年に学校制度が開始されると同時に、黒板はアメリカから持ち込まれました。数年かけて日本全土へ黒板は広がり、1875年頃には日本での生産が開始されました。当時の黒板は墨汁を塗った上に柿渋などを上塗りして作られており、文字通り真っ黒な「黒板」だったのです。

時は流れ、1954年に「黒地に白い文字よりも、緑地に白い文字の方が見やすい」という理由から、塗装の色は緑色にするようJIS規格(日本工業規格)に指定されたのです。

「築地銀だこ」の店名の由来

大手たこ焼きチェーンとして大人気の「築地銀だこ」は、1991年に創業した株式会社ホットランドが運営を行っています。当社は築地銀だこの他に「薄皮たい焼 銀のあん」、「天ぷら専門店 日本橋からり」、「やきとりのほっと屋」などと幅広い事業を展開しています。

店名の由来

「築地銀だこ」には二つの意味が込められています。一つは「築地」。これは「魚河岸の活気ある姿」と「新鮮な食材」を意味しています。そして「銀」という文字。これは「銀座」を表しており、将来的に銀座に店舗を構えたいという思いから付けられました。

1999年9月に銀座へ店舗を出店し、創業当初の夢は達成してはいますが、2013年に銀座本店は閉店。今現在、銀座には店舗が存在しません。また、築地への出店も2002年に達成しましたが、こちらも閉店。現在は銀座に次いで築地にも店舗がない状態であり、店名の由来に込められた夢は達成できたと言えるのでしょうか…。

寿司はなぜ二貫ずつ出される?

気軽に食べられる回転寿司でも、高級な回らないお寿司でも、多くの店では一度の注文で二貫のお寿司が提供されます。これはなぜなのでしょうか。寿司の歴史を振り返ってみましょう。

寿司の歴史

握り寿司は江戸時代に誕生したとされています。通常の握り寿司と同じく、巻き寿司も同時期に誕生しました。寿司が二貫ずつ出される理由として、次のような説が唱えられています。

  • 食べやすいように二つに分けた
  • 満足感を得るために、二個ずつになった
  • 二個食べないと味がわからないから
  • 勘定の際に足し算の回数を減らすため
  • 握りたてと少し時間を置いたものの両方を楽しむため

この当時の握り寿司は、おにぎりのような大きさで提供されており、食事というよりは間食として食べられていました。今のようにかしこまった店構えをしていたわけでもなく、屋台形式で売られていた事もあり、誰でも気軽に立ち寄り、小腹を満たしていたのです。

この事からも、前述した説の中では「食べやすいように二つに分けた」とする説が有力だと感じます。

卓球にも軟式と硬式が分かれていた

軟式硬式と言えば野球やテニスを思い浮かべる方が多いでしょう。しかし2001年まで、卓球にも軟式ルールがあったのです。

軟式卓球とは

現在の公式ルールは、昔から確立されていた硬式球のルールに従って定められたものです。卓球と言えば中国というイメージが強いですが、卓球の起源はインドの「ゴッシマテニス」という遊びで、それが1880年代にイギリスに伝わり、卓球というスポーツに発展したとされます。

日本に卓球が伝来したのは1902年の事。イギリスから卓球の用具を日本へ持ち帰ったことが始まりとされています。その後、日本独自のルールである「軟式卓球」が流行しました。軟式卓球は硬式卓球に比べて次のような違いがあります。

  • ボールの直径は硬式よりも約2mm~3mm小さい、36.9mm~38.9mm
  • ボールの重さは硬式よりも0.6g軽い、2g~2.13g
  • ネットの高さが硬式よりも2cm高い、17.25cm

ネットが高く鋭いスマッシュが決めづらく、ラリーが続くため、試合時間が長引いてしまう事が多かったようです。このような事から、軟式卓球は2001年の旭川大会を最後に、そのルールは消滅してしまいました。

卓球にも軟式と硬式が分かれていた

軟式硬式と言えば野球やテニスを思い浮かべる方が多いでしょう。しかし2001年まで、卓球にも軟式ルールがあったのです。

軟式卓球とは

現在の公式ルールは、昔から確立されていた硬式球のルールに従って定められたものです。卓球と言えば中国というイメージが強いですが、卓球の起源はインドの「ゴッシマテニス」という遊びで、それが1880年代にイギリスに伝わり、卓球というスポーツに発展したとされます。

日本に卓球が伝来したのは1902年の事。イギリスから卓球の用具を日本へ持ち帰ったことが始まりとされています。その後、日本独自のルールである「軟式卓球」が流行しました。軟式卓球は硬式卓球に比べて次のような違いがあります。

  • ボールの直径は硬式よりも約2mm~3mm小さい、36.9mm~38.9mm
  • ボールの重さは硬式よりも0.6g軽い、2g~2.13g
  • ネットの高さが硬式よりも2cm高い、17.25cm

ネットが高く鋭いスマッシュが決めづらく、ラリーが続くため、試合時間が長引いてしまう事が多かったようです。このような事から、軟式卓球は2001年の旭川大会を最後に、そのルールは消滅してしまいました。

フォークダンスの『マイムマイム』は何の踊り?

マイムマイム』は、運動会やキャンプファイヤーのレクリエーションとして、歌って踊るフォークダンスソングの定番です。この踊りにはしっかりと意味があり、ある特別な出来事が起こった際に舞い踊るのです。

マイムマイムの意味

フォークダンスは、第二次世界大戦終戦後にマッカーサー率いるGHQの教育担当者によって日本に紹介され、娯楽に飢えていた日本国内であっという間に広まりました。

『マイムマイム』の原曲はイスラエルの民謡で、「マイム」は日本語で「水」を意味します。この歌は元々、開拓地で水を掘り当てて喜ぶ人々が唄った歌なのです。

振り付けは1963年に来日したイスラエル人のグーリット・カドマンが、現地の踊り方をそのまま日本で指導し定着させたものであり、日本独自のものではありません。水を掘り当てた井戸の周りで輪になって踊り、歌いながら井戸に向かって駆け寄って行く様子を表しているのです。

「ビックカメラ」の社名の由来

大手家電量販店として業界第5位を誇るビックカメラですが、なぜ「大きい」を意味する「ビッグ(Big)」ではなく、「ビック(Bic)」なのかと疑問に思いませんか?実際に間違えて覚えている方も多いかと思います。

ビックカメラの沿革

1968年に群馬県高崎市で創業した株式会社ビックカメラは、その10年後に東京に支店を出します。2017年現在、16都道府県に直営34店舗を展開し、コジマ電気、ソフマップを子会社に持つ大企業になりました。

「ビック(Bic)」の語源は「ビッグ(Big)」であり、「ビック」は英語の方言で「大きい」という意味になります。ではなぜわざわざ間違われやすい「ビック」を選択したのでしょうか。

創業者の新井隆司がバリ島を訪れた際、「ビック」という言葉に「偉大な」という意味が含まれていると聞いて、「ビッグ」ではなく「ビック」を社名に使ったと発表されています。

「ユニクロ」の社名の由来

ユニクロUNIQLO)の創業は海外で、比較的歴史の浅い企業、瞬く間に業績を伸ばしたブランドだと思っている方が多いと思います。しかしそんな事はありません。ユニクロの歴史を振り返ってみましょう。

ユニクロの沿革

ユニクロの前身となる「メンズショップ小郡商事」が誕生したのは1949年の事。山口県にて開店しました。その35年後、1984年に広島県内にて、ユニセックスカジュアル衣料品店「ユニーク・クロージング・ウェアハウス(UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE)」を開店したのです。これがユニクロの第一店舗目になるのです。

ユニーク・クロージング・ウェアハウスは直訳すると「唯一の・衣料品・倉庫」という意味になります。「ユニクロ」は、この言葉が短縮されて出来た言葉ですが、この言葉の意味は忘れられてはいません。

現在では支店数840店以上、国内売上第一位を誇る巨大企業にのし上がったのです。