YouTubeの隠し機能・隠しコマンドまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeには沢山の遊び心あるコマンド機能が隠されています。

そこで今回の雑学では、2015年10月現在でも利用可能な隠し要素をまとめてみました。なお、PC版でのみの機能となりますのでご留意ください。

コマンド「gg」

最近になって導入されたと思われる機能です。動画の再生中に検索欄やコメント欄などが入力状態になっていないときに、キーボードで「gg」と入力します。

すると「MISSILE DEFENDER」というシューティングゲームが遊べます。

今まででは「1980」と入力すると同様のゲームがプレイできていましたが、現在では遊べなくなっているようです。

コマンド「use the force luke」

検索欄に上記のコマンドを入力して検索すると、検索結果画面がユラユラと揺れているような効果を楽しむことができます。

コマンドは映画スターウォーズのセリフ、「ルーク(主人公)、フォースを使え」という意味で、劇中に登場する特殊能力であるフォースを体感させてくれるコマンドとなっているようです。

コマンド「beam me up scotty」

こちらも同様に検索欄に入力します。すると、検索結果に出てくる動画が次元を超えてワープしてきたかのような演出で表示されます。

このコマンドの元ネタは海外TVドラマのスタートレックであり、劇中の世界観を表現しています。

コマンド「do the harlem shake」

同じく検索欄に入力します。すると、軽快な音楽と共にサイト内のあらゆるパーツが踊りだします。

検索結果が表示された時点で自動的に音楽が再生されてしまいますので注意しましょう。

コマンド「doge meme」

同じく検索欄に入力します。するとフォントが可愛らしいものに変更され、七色の文字で表示されます。

ショートカットキー

覚えておくと大変便利なショートカットキーのまとめです。

キー動作
K一時停止・再生
0、Home最初から再生
1~9x10%の位置から再生
End動画の最後にスキップ
J、←巻き戻し
L、→早送り
↑、↓ボリュームの調整

以上、隠しコマンド、機能、ショートカットのまとめでした。
ご利用のOSやブラウザによっては動作が異なるかも知れないのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*