蛇口の事を「カラン」と呼ぶのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蛇口の説明書きを見てみると、「カラン」という文字が書いてある事があります。このカランとは一体どういう意味なのでしょうか。

カランは何語?

カランの語源はオランダ語の「クラーン(kraan)」であると言われています。クラーンとは日本語で「鶴」を意味します。蛇口から伸びた水道管が、まるで鶴の首の様に見えることからクラーンと呼ばれるようになり、それが転じて「カラン」になったのです。

この「クラーン」を語源とするもの言葉がもう一つあります。それは工事現場などで使用されるクレーン車の「クレーン」という言葉です。

同じ「クラーン」という単語から、二つの異なる単語が誕生したのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*