水着のビキニは原爆から名付けられた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今では水着といえばビキニが当たり前となっていますが、ビキニが世に登場したのは1946年7月5日のこと。フランスのファッションデザイナーであるルイ・レアールによって発表されました。この「ビキニ」というネーミングは、原子爆弾から名付けられたものだったのです。

ビキニの由来

ビキニはそれまでにはなかった露出度の高い水着であり、世間に大きなインパクトを与えました。7月5日にビキニ水着が発表される数日前の7月1日、第二次世界大戦が終結してから初めての原爆実験であるクロスロード作戦が行われました。この実験地となったのが太平洋のマーシャル諸島にある「ビキニ環礁」だったのです。

小さい爆弾ながらも驚異的な破壊力がある原子爆弾になぞらえ、布の面積が小さく、インパクトの大きいこの水着を「ビキニ」と名付けたのです。

ちなみにビキニ環礁では70回近い原爆と水爆による実験が行われており、現在もなお放射能の高さから島に人が住めない状態が続いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*