喉が痛いときはマシュマロを食べると良くなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マシュマロとは、言わずもがなお菓子の一種です。風邪などでが痛いときは医薬品を使うケースがほとんどだと思いますが、あまり薬に頼るのが嫌な方は、騙されたと思ってマシュマロを試してみてください。

マシュマロで喉の炎症を抑える

本来のマシュマロは、原材料に「マーシュマロウ」という植物の根の粉末が使われていました。喉の炎症を抑える代表的な薬である「トローチ」にも使われていたこともあるこの粉末は、喉の痛みだけではなく、口内炎や腸内の粘膜損傷までをも回復させる効果があるとのこと。

現在、マシュマロの多くはゼラチンで作られていますが、原材料がゼラチンの場合でも、食べた際にゼラチン状になった液体が、喉の炎症を抑えてくれる効果があるとされます。

試す際は味付きのものではなく、プレーンのものを数個程度食べると効果が出るようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*