中華料理の回るテーブルの発祥は日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中華料理店に必ずといっていい程設置されているのが、あのクルクルと回転する大きなテーブルです。大人数でテーブルを囲むとなんとも賑やかでたまりません。そんな回転テーブルの発祥日本だという事を知っていますか?

発祥は結婚式場

回転テーブルは東京都目黒区にある総合結婚式場「目黒雅叙園」の創業者である、細川力蔵によって考案されました。雅叙園は創業時は本格的な中華料理や日本料理を供する料亭でした。中でも中華料理は大皿で提供される事が多く、取り分けるづらく感じていたのです。

そこで考案されたのが、今では一般化されている回転テーブルです。このテーブルは評判を呼び、日本から本場中国へ、更には世界へと進出していったのです。

今でも回転テーブルの第一号は、雅叙園で使用され続けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*