プラスチックのゴミを効率よくまとめる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卵のパックや商品の梱包材として多用されているプラスチック容器。便利なのはいいことですが、いざゴミとなって捨てる際には非常にかさばってしまいます。

今回の雑学では、プラスチックを効率よく捨てる方法をご紹介します。

たったのひと手間で小さくまとまる

プラスチックは一見すると硬いイメージがありますが、意外と伸縮性がある素材のなのです。ガラスと同じように、常温で固定され、高温になるほど溶ける性質をもっています。この性質を利用してプラスチックを小さくまとめてみましょう。

方法はとても簡単。沸騰したお湯をプラスチックにかけるだけで、あっという間に小さくまとまってくれます。

厚手のプラスチック板などではこの方法は難しいですが、卵のパックやペットボトルなどの薄手のものであれば、容易に小さくなってくれます。

この方法を知っていれば、わざわざハサミを使って細かくする必要もありませんし、ゴミ袋が有料になった現代では、少しでもゴミを小さくしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*