フグは海にいるのになぜ「河豚」と書く?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高級魚としても名高いフグは、言うまでもなく海に生息する魚です。フグを漢字で書く場合「河豚」と書きますが、なぜ海に生息しているはずなのに「河(かわ)」という字をあてているのでしょうか。

河豚の成り立ち

漢字は中国から日本へ伝わったものというのはご存知の通りです。「河豚」という漢字も例外ではありません。漢字の元となった中国のフグは、「メフグ」と呼ばれる種類のフグでした。このフグは河川などの淡水に生息している種のフグなのです。ここから「河」という漢字があてられました。

「豚」という漢字は、フグが敵を威嚇する際などに発する鳴き声が「ブーブー」と聞こえる事から付けられました。

こうして「河豚」と書いてフグと読む漢字が誕生したのです。でも日本のフグは海に生息するから「海豚」に変えれば良かったのでは?と思いますが、「海豚」には既に「イルカ」という読み方があったため、そのまま「河豚」を使うことになったといいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*