ジーンズの色には意味がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジーンズとは、基本的にデニム素材で作られたズボンの事を指します。ジーンズと聞くとすぐに思い浮かぶのが、青や紺色のブルー系統の色合いです。実はジーンズがいのには意味があるのです。

ジーンズの歴史

ジーンズの発祥がどのようなものなのかは比較的有名な話です。それはゴールドラッシュの時代、アメリカでの事です。当時は鉱山で多くの鉱夫が働いていました。激しい労働を繰り返すうちに、ズボンはすぐに擦り切れてしまうのが悩みだったのです。そこで丈夫なデニムの生地を使用したズボンを考案し、作業着として採用したのが、後にファッションの業界へと進出していったのです。

ジーンズはなぜ青い?

ジーンズのもととなるデニムは、実は白い色の生地です。今でこそ色とりどりのジーンズがありますが、当初はあえて青に染めていたのです。その理由はやはり鉱山が関係していました。鉱山の周りにはガラガラヘビなどの毒蛇がおり、デニムの染料であるインディゴに、毒蛇を除ける効果があると言われていたためです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*