カフェインの名前の由来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カフェインが含まれている代表的なものといえばコーヒーが挙げられます。一日に一度はコーヒーを飲まないと気分が落ち着かないという人もいるでしょう。それはカフェインは脳の中枢神経を覚醒させ、疲労や眠気を軽減する作用があるからです。

カフェインの効果

カフェインの効果はとても優れており、通常の量を摂取すれば、反応時間、集中力、運動コントロールを向上させることが分かっています。効果が発揮されるのに必要な摂取量は人によって様々です。しかし良いことばかりではありません。カフェインは消化器管を刺激したり胃酸分泌を促す効果もあるため、体質によっては下痢や胃痛を感じる場合があります。

医薬品にも利用されるカフェインを初めて化合物として単離したのは、ドイツの化学者であるフリードリープ・フェルディナント・ルンゲとされます。彼はコーヒーの中からその成分を単離し、カフェインと命名しました。カフェインはドイツ語で「Coffein」と書きます。

この文字列で分かる通り、カフェインは「Coffee in(コーヒーイン)」、つまり「コーヒーに含まれている」という単純な名前だったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*