インスタントラーメン誕生のきっかけとなった食べ物は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インスタントラーメンは日本人の手によって開発されました。開発したのは台湾出身の安藤 百福(あんどう ももふく)。1958年の事でした。インスタントラーメンはある日本の食べ物をヒントに開発されました。

インスタントラーメンの誕生

インスタントラーメンは世界中で年間約850億食もの数が生産されている。一人当たりの年間消費量は意外にも韓国が72食でトップ。日本は45食で5位となっています。

安藤 百福によって開発された世界初のインスタントラーメンは、今なお愛されて止まない「チキンラーメン」です。彼は妻がてんぷらを揚げているのを見た際、衣が泡を立てながら水分をはじき出している様子を見て、瞬間油熱乾燥法を思いつきました。

彼は後にカップラーメンも発明し、現在のラーメン業界を作り上げた立役者なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*