「根回し」の語源は造園業から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある目的を達成するために、事前に関係者などに了承を得ておくことを「根回しをする」と言います。根回しと聞くとどことなく悪巧みをしているような印象があります。この「根回し」の語源は、園芸や造園などの業界用語からきています。

根回しの語源

ある場所で育てた植木を別の場所に植樹する際、ただ単純に木を植え替えただけでは上手く成長してくれません。植樹を上手に行うには、その半年〜2年前から下準備をする必要があります。植樹するための木の周囲に穴を掘り、主となる根以外の部分を切り取ることで細い根を発達させておくのです。こうすることで新しい場所でも根付きやすくなります。この作業のことを「根回し」と呼びます。

あらかじめ根を張らせておくという様子から、ビジネスシーンなどで物事が上手く運ぶようにあらかじめ手を回しておくことを、1965年頃から「根回しをする」という表現をするようになったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*