「弘法にも筆の誤り」、弘法は何を誤った?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弘法にも筆の誤り」は、「どんな達人であろうが、失敗はするもの」という意味のことわざです。同じ意味をもつことわざとして「猿も木から落ちる」があります。しかし弘法は一体何を誤ったというのでしょうか。

弘法って誰?

弘法(こうぼう)とは、平安時代に実在した僧で、仏教の宗派である真言宗の開祖である「弘法大師」の事です。あまり聞きなれない名前ですが、これは「空海」という人物の尊称なのです。空海といえば歴史の授業で習った覚えがある人も多いでしょう。

空海は書の達人としてもとても有名な人物でした。そんな空海が、筆を誤る、つまり文字を間違えたところからことわざが誕生したのです。

何の字を間違えたのか

当時の天皇の命を受けて、京都の応天門の額を書くことになりました。しかし「応」の字にある「心」の点を一つ書き忘れてしまったのです。

この事から、書の達人であっても文字を間違えることがある。という教訓がことわざとして誕生したのです。

しかし話はここで終わりません。あろう事か門に飾られた額めがけて筆を投げつけ、点を足したというのです。流石は達人。やる事がダイナミックです。

ちなみに

「弘法も筆の誤り」と覚えられがちですが、正しくは「弘法にも筆の誤り」です。どちらを使っても間違いにはなりませんが、出来れば正しい言葉を使いたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*