「安全第一」には続きがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

工場や建設現場、工事現場などにおいて、「安全第一」と書かれた標識を見たことがある方は多いと思います。実はこのスローガンは1900年代初頭にアメリカにて生まれた言葉で、それが世界中に広まったのです。そしてこのスローガンには、第二、第三といった具合に続きがあるのです。

安全第一の続き

当時のアメリカでは、より多くの物を生産できるようにする体制でモノづくりがなされていました。それに伴う品質は二の次、ましてや安全面などは全く考慮されていなかったのです。それに異議を唱えたのはアメリカの製鉄会社の社長であったエルバート・ヘンリー・ゲーリー。彼は生産数や品質よりも、従業員の安全を第一に考えるべきだと改革をしたのです。これにより労働中の事故や怪我が激減し、品質の向上と生産数の増加に繋がり、景気の波にも乗ることが出来たと言われます。

この事から誕生したスローガンが「安全第一、品質第二、生産第三」というスローガンなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*