「ウィンナーコーヒー」の名前の由来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めてウィンナーコーヒーの名前を聞いた時は、誰しもが「コーヒーにウィンナーが入っているの?」と思いがちですが、言わずもがなそんなわけはありません。では一体なぜウィンナーコーヒーという名前になったのでしょうか。

ウィンナーの意味

日本でウィンナーコーヒーというと、コーヒーの上にホイップクリームを浮かべたものを指します。元々ウィンナーコーヒーはオーストリアが発祥で、「ウィンナー」とはオーストリアの言葉で「ウィーン風の」という意味になります。ウィーンはオーストリアの首都です。

ちなみに現地オーストリアには「ウィンナーコーヒー」という飲み物は存在しませんが、それに近い飲み物はあります。例えばコーヒーと同量の生クリームを乗せた「アインシュペナー」や、コーヒーとは別の器に砂糖がかけられたホイップクリームが添えられて出される「カフェ・ミット・シュラークオーバース」などがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*